2010年08月30日

twitterでフォロワーを増やす?

株式会社フラッグでは、ユーストリームを使った
ライブ配信のパッケージサービスを始めたことをきっかけに、
ユーストリーマンというtwitterやUSTREAMをする
男性社員を設定しました。実在の営業なのですが、
彼がtwitterのフォロワーが伸びないと悩んでいる(?)ようなので、
ちょっとtwitterのフォロワーについて考えてみようと思っています。

over_capacity



フォロワーは増えた方がいいのかどうか…

ま、目的によるかなぁ、と。ユーストリーマンの場合は、
いろんな人に見てもらわないと話にならないので、
多いほうがいいでしょう。

ただし、個人で楽しもうと思っている場合には別。
味方のようでそうでもない人や、そもそも敵視している人も
含まれることになると思うので、楽しめなくなるから。

参考:Togetter - 「そらのさんの反省。USTREAM社からこんなDM来た・・・orz」


どんどんフォローした方がいいのか?

フォロー返しを前提でフォローするならやめたほうがいいでしょう。
ミックスジュースを作るのに、なんでもいいから混ぜるとまずくなる、
そんな感じかな。あと、柑橘系だけでも100種類もいれりゃ、
何がうまくて、何が失敗だったのかわからなくなるよ。

自分が楽しく「自分のタイムライン」を追うためには、
何人程度がいいのか、ある程度考える必要があると思う。
今は特にリスト機能があるんだし、フォローする必要ってあるのかな?


フォロワーを増やす方法

RTされたり、ふぁぼられたりするツイートを一定の割合で
つぶやくこと。打数と打率、両方大事だと思う。
ただ、これはとっても難しいし、それでは楽しめないよね。
ということで、オススメなのは、リアルで人に会うこと。
大規模なオフ会に行って、実際に会って話した人、
もっと云えば、そこで「合うなぁ」と感じた人をフォローして
フォローされてという関係が健全だと思っています。
それにRTされたり、ふぁぼられたりというのが組み合わさって、
ほどよくなるのかなぁ、と。

beer_twi12

ただし、お店やサービスのアカウントの場合は別かなぁ、と。
なかなかそういう場に行くのも難しいと思いますし、
むしろ、興味を持ってくれている人に、それ以上の興味で返す必要が
あるんじゃないかなと思います。

先日、僕のアカウントをフォローしてくれた美容院がありました。
で、その日にtwitterを始めた感じだったので、面白いから
twitterで予約を取って、実際に髪を切りに行って来ました。
初めて行く美容院なのに、僕に関するいくつかの知識を
美容師さんが持っている状態で会話が始まるわけです。
これは新鮮な体験でしたが、豚組の @hitoshi さんも
「物語はツイッターで進み、来店で完結する」と云っています。

参考:「来店で関係が完成する」という考え方(@hitoshi annex)


相互フォローを推奨している人たちの話

僕は今、twitterで3つのアカウントをやりくりしています。
その中でフォロワー数至上主義なアカウントもあり、
「相互フォローしましょう」というアカウントばかりをフォローしている
ものもあります。が、そのアカウントって結局見られていないし、
twitterを楽しんでいる人も少ない印象なんですよね。
自分の云いたい時に云いたいことをいうツール、としてのtwitter。

なので、出てくる話題もだいぶ違うんですよね。

プライベートのアカウントだと綺麗な夕焼けの写真や月の話題で
タイムラインが盛り上がっている頃、
相互フォローの方は宣伝だったり、抽象的な感想のツイートが並んでいたりする。
これでは twitter が楽しくなくなるんじゃないかなぁ、と思います。

ひとつひとつのツイートをするのは他のユーザーだけど、
タイムラインを作るのは自分。フォロワー数至上主義よりも
まずは自分の思うタイムラインを作ることをやってみるのがいいと思います。


いずれにしろ、継続は力なり。
自分で楽しんで続けられる方法を早く見つけ出さなきゃな、と思います。



takabashi at 11:59│Comments(0)TrackBack(0)WEB系 | ツール

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字